七瀬ふたたびというか三度というか

| コメント(0) | トラックバック(0)

こちらの記事
買ったのはエンガッツィオ司令塔じゃなくて富豪刑事だった。嘘ついちゃった。
さて夏コミあと、東京はやけに雷雨が多く、その間パソコンを使えないので積んであった本を読みました。
まず富豪刑事。次いでパプリカ
富豪刑事は途中実験的な部分あれどキャラが漫画的というのか、なかなか面白かった。
ドラマとは違って(見てない)主人公が男の新米刑事なのだけれど、金持ちのぼんぼんっていうイメージはなんとなく男キャラの方が合っている気がする。煙草じゃなくて葉巻を吸っているとか。
初版発行が昭和59年だけあって、JRじゃなく国鉄となっているところが泣かせます(笑)
若い世代にはJRの前は一時期「E電」だったことを知らない人もいるんだろうなあ。

パプリカはあとがきにもあるように七瀬シリーズを彷彿とさせる描写で、こちらも時間を忘れて一気に読みふけりました。いや何よりもいかがわしいホモカップルサイコー!(笑)
乾教授は好きではないけど、小山内は嫌いになれません。(でも中学のときの同姓の男の子を思い出して複雑な気持ちになった)
ていうか、どうして筒井や菊池秀行ってありえない美貌が好きなんだろ。え、私も好きですよ(笑)>美貌。
昔読んだ七瀬シリーズとどちらが面白かったか、久しぶりに七瀬シリーズを手に入れてこようという気になりました。持ってたはずなんだけどなあ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 七瀬ふたたびというか三度というか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.s-polaris.net/weblog/mt-tb.cgi/72

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

お薦め

iTunes Music Storeにアクセス!
iTunes_sm_bdg_wht.gif

最近では「Theater on Ice 2006」で荒川サンの演技でかかったいたようです。テレビで聞いた人も多いのでは。
Secret Gardenは仕事中に流しっ放しにすること多し。メロディアスで癒されるんです。
【You raise me up】Secret Garden
Secret Garden - Once in a Red Moon - You Raise Me Up


舞台は1979年のロサンゼルス郊外。消えた友人を捜す旅を続ける、元刑事のセールスマン、カイル・ハイド。彼がたどり着いたのは「ホテル・ダスク」。"願いが叶う部屋"があるという噂のある、寂れたホテルであった・・・
モノトーンで描かれる一癖も二癖もありそうなキャラクターの交差するミステリーアドベンチャー。
ミステリアスで退廃的な雰囲気のADV好きなら是非!【ブログ記事】


「ウィッシュルーム」の続編。
【ブログ記事】

fever dream
フィーヴァードリーム〈上〉

フィーヴァードリーム〈下〉
ジョージ・RR・マーティン

とにかく面白い! 事故で船を失ったミシシッピ蒸気船船長アブナーと吸血鬼ジョシュアの友情。そして邪悪な支配者ダモンとの戦い。私的に吸血鬼小説最高峰です。
【ブログ記事】

paprika
「パプリカ」
筒井康隆

「七瀬ふたたび」を彷彿とさせる夢世界の描写。筒井ワールド全開作品です。
【ブログ記事】

富豪刑事
「富豪刑事」
筒井康隆

【ブログ記事】

narnia
The Chronicles of Narnia (7 volumes)

【ブログ記事】

narnia2
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

【ブログ記事】

少年時代
「少年時代 (上)」
「少年時代 (下)」
ロバート・R・マキャモン

【ブログ記事】

コンスタンティンサントラ
オリジナル・サウンドトラック「コンスタンティン」

【ブログ記事】

このブログについて

ブログ名:猫の手も借りたい
書き手:nekonote(荒木瑛)
このブログは工房猫の手の ブログです。

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

リンク

Counter

 
Powered by Movable Type 5.13-ja